けんこうゆうりょう育児日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ゆうたの誕生してから(第1話)

<<   作成日時 : 2005/11/19 06:19   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 出産した当日は、とりあえず休息と云う事で、ゆっくりと過ごす事になりました。でも、早く先生から説明して欲しかったのですが。ゆうたを出産した病院は、総合病院だったので形成外科・耳鼻科の先生もいました。

 私の喘息の先生も、そこの先生で丁度薬が切れてる頃だったので、その日は、呼吸器科の受診もすることになり、お昼近くに外来からお呼びがかかりました。先生は、出産したことは、知っていますが、お耳や口蓋裂のことは知らされていませんでした。普通にF子先生は、「おめでとう、ご苦労様でした」と言って、これからの薬についての説明になり、私もゆうたの事は、何も告げずに終わりました。

 授 乳

 口蓋裂の赤ちゃんが困ること、それは授乳でした。
構造的に、吸う力が弱く、うまく飲み込むことが出来ませんでした。病院の基本的、考えは母乳での育児でした。まず、初日は、直接、おっぱいを含ませてみました。(11時・14時・15時・17時・18時・20時・21時・23時)ただ、舐めるだけでおわってしまいました。
 
 11月9日 (6時・7時・8時・10時・11時・13時・14時・15時・17時・18時・19時・20時・21時)も、舐めるだけ。ゆうたは、お腹が空いて機嫌が悪く、寝てくれません。22時に、糖水を哺乳瓶のキャップを使い、おちょこで飲むようにして、10cc与えました。結構、上手に飲んでくれました。

 11月10日 (1時・2時・8時・9時)キャップで、11時はキャップで搾乳した母乳を22cc。でも、キャップで与えるには、時間もかかり大変でした。量も、多くしないといけないし。このままだと、この子飢え死にしちゃうよ。どうにか良い方法は、無いのだろうか?
13時、「この子に合った乳首があるのでそれを使ってみましょう」と、言われて、初めて口蓋裂の子用のストロー型した乳首の付いた哺乳瓶を使い搾乳した母乳を20cc飲んでくれました。『これで、この子飢え死にしないで済む。良かったー!!』(ストロー型で、15時10cc・17時20cc・19時30cc・21時30cc)
  
 11月11日 (0時30cc・1時25cc・5時30cc・6時10cc・7時10cc・9時30cc・13時40cc・17時40cc・22時40cc・23時10cc)結構、飲んでくれるようになったので、授乳回数も減り、ゆっくり寝てくれるようになりました。でも、私の母乳は、どんどん増えていて、搾乳した量は、16時70cc・18時50cc・21時60cc・23時50ccで、病棟の冷蔵庫、牛乳屋さんみたいになってしまっていた。

 11月12日 (0時40cc・4時40cc・9時45cc・12時50cc・16時10ccと検査の為の睡眠薬・19時20cc)へその緒が取れました。この日の夜、私は、ゆうたを置いて退院することに、なりました。

 検 査

 11月8日 採血(染色体に、異常が無いかどうかの検査)

 11月9日 出産時診察 

 11月11日 小児科の心臓専門医による、診察。形成外科と耳鼻科の受診。
        胸部レントゲン・心臓・腹部エコー

 11月12日 ABRでの聴力検査・耳のCTとMRI検査

 退 院
 11月14日 3384gで生まれたのに、飢餓事件で3168gに減ってしまいましたが、なんとか、脱水状態からも回復し、一通りの検査結果も出て、大雪の中、夕方退院しました。
 
  
 ゆうたの誕生してから(第2話)へ

 

 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
某掲示板から飛んできましたみうみうと申します
3人の育児大変ですね、すごいです!
私の場合、一人目の娘が小耳症と外耳道閉鎖でしたが…
私も病気は違いにしろ持病があり薬を常飲してました
その後、妊娠初期に風邪で高熱が出てとお腹の張り止め
つわりがひどいために軽くする薬…と私がかかっている産婦人科は
薬を出すのが多かった産院でした;;(人気はあるんですよ〜)
因果関係は分からないですが、やはり疑っちゃいますよね…^^;
はじめまして
2005/11/19 17:22
 はじめまして。先程、某掲示板では、お世話になりました。
やっと、入力出来ました。薬の影響は、どうだったのかと感じていますが、F子先生も、Y子先生も大変、親身になって下さる先生で、いろいろと考えて出してくれた薬ですし、因果関係もわからないので。小耳症も、口蓋裂も、双子さんがいらっしゃいますが、1人だけで、もう一人は、何でも無いという話を聞いたことが、ありますので。でも、抗生物質などは、妊娠中は避けた方が良いでしょうね。ちなみに、私のお世話になったY子先生、その後、妊娠されたのですが、お子さん心臓病なんです。一緒に、頑張りましょうねと言われましたが、先生、どうされているか心配なんです。
ゆうたママ
2005/11/19 20:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ゆうたの誕生してから(第1話) けんこうゆうりょう育児日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる