けんこうゆうりょう育児日記

アクセスカウンタ

zoom RSS どうして?

<<   作成日時 : 2006/01/21 16:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ゆうたくん、一日中話してます。

 今、3歳2ヶ月のゆうたから「なに?」と質問攻めにあっていたのですが、最近は「どうして?」「誰がどうしてどうなった?」というような質問が多いです。

 朝、主人が会社に出かけたときは「パパ、車で、会社に、行った」と手話を使いながら話していて、次に長男が学校に行くと「お兄ちゃん、学校、行った」と毎朝、言っているんです。
そして、ご飯を食べ終わらないうちにお菓子を食べようとした時も「ご飯、食べ、終わって、から」というと、真似をして手話で同じことしてご飯を食べ始めます。本人も、言っていることは理解出来るようになってきていて、これは駄目なこと、いいことがわかっていて「駄目」「良い」「偉い」なんかも使い分けています。

 口話での会話は、ほとんど出来ないので手話が主でことばは、おまけ状態になっていますが、会話が増えた分、語彙も多くなってまだ私の覚えていない手話の単語もどんどん質問攻撃。そのときを逃すとそのものの名前と手話が一致しなくなってはいけないので、私も必死で勉強しているつもりですが追いつきません。長男もゆうたに質問攻めにあってどうにか教えてあげたいという気持ちがあるようで、「ママ〜、これどう(表現)するの?」って聞いてきます。

 手話は、元々ジェスチャーから出来ているので、ジェスチャーゲームのように表現すると意外と手話辞典に載っている表現と一致します。だから、先日長男が苦し紛れに応えた「カラオケ」という単語も、マイクを持って歌う真似をしたら、辞典を見ると合っていたのです。結構、子どもの方が固定観念がないので手話表現は、上手だと思います。我が家で、長男と次男と主人に、これはなんでしょう?って手話を見て答える遊びをしたら、子どもたちの方が正解率高かったです。

 本当は、普通の口話と手話の二つが話せるバイリンガルにさせたいんですけど、無理せずに我が家独自の方言(自分で考えた表現)も取り入れて、成長していく過程で標準語(一般的な手話)に直していこうかな?

 ゆうたの聴力は、補聴器着けても35〜40dBと良くはないけど、音は入っています。同じ、小耳症で難聴、そして気管切開して声を出すことが出来なかったお子さんが、小学校入学前に切開した所を塞いで話が出来るようになったとき、今まで声を出したことがなかったけど、普通の会話が出来るようになったそうです。だから、最近はことばを話すことにこだわらずに、耳に音を入れてあげることだけを考えれるようになりました。

 正しい発音で入れてあげたいのに私の母は「まめ」→「駄目」、「あいあい」→「ばいばい」をゆうたと同じく「まめ」「あいあい」ってゆうたと会話してしまって、困ってます。父は、「違う、○○だ。」って否定してしまうし。正しく言い直させるんじゃなくて、ことばを返すときに正しい発音で応えてあげることに、どうにかご協力を!!と訴える私です。まぁ、ゆうたと会話してくれているんだから大目に見ようかな?会話することが一番大事だもんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
どうして? けんこうゆうりょう育児日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる