けんこうゆうりょう育児日記

アクセスカウンタ

zoom RSS わ〜い!(^^)!

<<   作成日時 : 2007/05/08 11:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 昨日から、通常保育が始まりました

 月・金はお弁当で火・水・木より40分帰りが早いのです。そして、火曜日の今日は月・金より40分帰りが遅く、しかも給食幼稚園に送りに行くと、今年入園した子どもたちが始めての給食にわくわくしながら登園して来ていて可愛いなぁと思ったのでした。

 で、私はというと来週からは超ハードスケジュールですが今週は次男の学校への付き添いも無くなり(たまぁに様子を見に行くけど)、こうしてのんびりと過ごしています。 

 さて、小耳症のお友達のkasoさんのブログに遊びに行ったらwikiのBAHAのページにリンクされたと喜ばれていて早速検索したらありました。こちら

 BAHA。小耳症のサークルの方でも以前認可のための署名運動が行われたのでご存知の方はご存知だと思いますが、埋め込み式の骨導補聴器です。その前に、骨導補聴器って一体何と思われるかも知れませんが、一般的な補聴器は、ゆうたの右耳のように耳の穴が無い場合は使えません。なので、骨に振動を与えて音を伝達させる骨導補聴器と呼ばれるものを使うのです。手で振動部を触るとブルブルと振動するのが分かります。

 しかし、問題は外観。通常は、全然可愛らしさが無いカチューシャ型でHPの難聴のページの写真のようにかなり殺風景なものです。でも、以前紹介したようにデコレーションしたりすると可愛らしく変身(写真のものは、カッチュシャ部分にフェルトを巻き、りぼんを付けて、マイク部分を固定しただけのものですが)

画像


 でも、これだと動きの多い子どもの場合は動くたびにカチューシャがずれ落ちて来てしまうのですそれで、現在のようにヘアバンド式にアレンジ。市販されているものでは無いのでとにかく自分で作るしかないのですが、女の子ならヘアバンドやカチューシャをしていても不自然ではありませんが男の子なので、小学校に入る頃にはもう少し改良をしないといけないなぁと思っています。

 さて、BAHA。残念ながらまだ保険適用となっていませんがゆうたの通う病院でも今年から大人の治験が始まります。なので耳鼻科の先生は、毎回BAHAを勧めます。コンパクトで目立たず、コンタクトレンズのようという話もありますが一度埋め込んでしまうとケアも必要になります。耳鼻科の先生の話では、金属アレルギーのある方など稀に体質に合わない人も居るとの事で手術に関しては慎重に検討が必要と思いますが、とにかく選択肢の情報源として経験者であるkasoさんとYUKIKOさんがリンクされているのはとっても嬉しいです。何だか、知り合いがテレビに出た感じ

BAHA Network

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
わ〜い!(^^)! けんこうゆうりょう育児日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる