けんこうゆうりょう育児日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 耳鼻科の定期受診

<<   作成日時 : 2009/03/25 21:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今日は、口蓋裂の手術を受けたり、咬合歯科に通う事になっている病院の耳鼻科の定期受診に行ってきました。

 行こうと家を出たら、なんと家の前にバス停が

 えっかなり昔に、酔っ払った人が家の前までバス停を移動させたというのを笑って聞いていた事もありますが、
えっうそでしょと、事態を把握出来ずにおりました。

 以前から、家の前はバスが通ってはいますが、最寄りのバス停までは徒歩で5分ほどかかり、ここで停まってくれたらなぁ〜なんて思って乗ってはいましたが、家の前にバス停が出来るとは思ってもいなかったので、驚きです。

 でも、反対側のほうにも真新しいバス停を発見し、ようやくバス停が出来、ここにバスが停まるらしいという事がわかりました。まだ、時刻表は貼られておらず、「4月1日から」と大きく書かれた紙が貼られているだけです。

 さて、昨日から31日まで毎日のように病院の予約を入れて、あちこち走り歩いております。一つには、小学校に入学してしまうと、なかなか時間を作れなくなるので、春休み中にというのもありますが、(札幌市の場合)、就学前の3月31日までの通院費が助成されます。入院費については、今年の1月から1割負担(上限あり)となりましたが、通院には助成がありません。ということで、今のうちに出来る検査は受けておこう、定期受診も今月中にと走りまわっているわけです。

 昨日は、ちなみに言語の検査を受けたのですが、なんと昨年の今の時期は検査にならない(先生の言っている言葉の意味を理解出来ず)項目もあったのに、1年間で全体的に見ると年齢で2年分も伸びているという事でした。実際も、よくしゃべり、話題もかなり豊富になりました。

 さてさて耳鼻科受診。いつものように、いつもお世話になっている耳鼻科から頂いてきた聴力検査の結果などのお手紙を渡し、耳の掃除をして、最近の様子や気になる事がないかなど聞かれ、今回もBAHA(埋め込み式骨導補聴器)を勧められたわけですが、以前は治験前でこれからやりますよ〜と、かなり話に勢いがありましたが、「まだ(健康保険を使える)認可が下りないので・・・」と、トーンダウン気味でした。

 まぁ、それまでは何とかしないといけないわけで、小学校に入ってから、もう少し音が入るようにしてあげたいと、補聴器を色々と試してみたのですが、ゆうたの左耳(気導補聴器を使っているほう)の聴力の特徴が一般的なものとは反対で、低音部がかなり悪いのと、耳介の問題で、なかなか良い機種が見つからず保留になっているのですが、骨導のほうは、新しいものを用意しました。

画像


 今回は、学校での授業重視のため、しっかりと圧迫が出来るようにカチューシャのままで使用する事になったのですが、どうもすぐにずれてしまい、ずれる原因は、支えている部分が左右2点だけだからなのでは?という事で、頭の上の部分がカチューシャと触れるようにしてくれたり、どうしても前にずれていくので、後ろのほうにも支えになるバンドを付けてくれました。で、リボンでのカバーリングはお母さんがしてあげてくださいと言われてはいたのですが、そう言いながらも、ゆうたの好みを聞いてくれていて改造したものを渡された時にはこのようになっておりました。

画像


画像


画像


 本体ケースは、憧れていたスケルトンブルーあとは、気導補聴器がぶらぶらしないように(小耳症のため耳掛け式だけど耳にかかっていない)小細工をする必要があり、今回は、どうしようかなぁと考え中です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
耳鼻科の定期受診 けんこうゆうりょう育児日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる