けんこうゆうりょう育児日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 形成外科の定期受診

<<   作成日時 : 2014/04/01 14:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今日は、年に一度の形成外科の定期受診でした。

 昨年の定期受診では、耳介を作る手術はしない事にして、昨年の誕生日の時も手術をするかどうか本人に確認したところ、しないという返事でした。

 そして、昨日も本人に意思を確認したところ、今まで同様、骨導補聴器の埋め込み手術(BAHA)は、するけど、耳介形成手術をしても耳が聴こえるようになるわけではないからしなくても良いという返事が。

 でも、その返事に続き「ところで、手術をしたら他に何か良い事があるの」という質問があり、「メガネをかける時にきちんとかけれるようになるし、マスク(のゴム)もきちんと耳にかけれるようになるよ」と、以前も言った事のある返事をしたら、「あ〜、眼鏡は、コンタクトレンズにすれば良いからいいや〜。マスクは、骨導補聴器にかけてるから大丈夫だし」と。

 「いや、BAHAの手術したら、骨導補聴器にマスクのゴムかけれなくなるよ」と、言ったら「あっ、手術する〜。でも、今は、良いや〜」

 「いや、今なら院内学級にも通えるから、一日中、病室に居なくても良いよ」って言ったら、「じゃあ、今(春休み)にする〜」って

 ニコニコと嬉しそうに言っているけど、大丈夫なのか

 手術を受けるのは、私では無く、三男くん自身なので、きちんと本人が納得してから受けて欲しいと思い、「きちんと先生に説明を聞いてから決めなさい」って言い、迎えた今日の受診。

 先生に、手術を受けたいという事を伝え、先生から三男くんに対して説明をしてもらう事に。

 術前、術後の写真などをパソコンの画面で見ながら説明を受け、「うっ、気持ち悪い〜」と。

 出血しているような写真は無かったので、画像では気持ちが悪くなるような物は無かったはずですが、自分の胸の肋軟骨を使ってフレームを作るとか、作った耳のエア抜きをして…というような事や、手術の様子を想像すると気持ちが悪いらしい。

 でも、手術をするのは先生で受ける側の三男くんは、寝ているだけでそれを自分でやらないといけないわけでは無く、前回、口の中の手術をした時の事を覚えているので、手術中は麻酔が効いていて痛く無かったという事も知っています。

 で、「やっぱり、やめるかい」と、私と先生が確認したら「手術はする」と。

 という事で、入院の予約を入れて来ました。

 手術は、三男くん自身の色んな行事の関係で7月の予定です。

 ちなみに、両耳小耳症ですが、左耳の手術はしない事になったので、3回では無く2回の手術になります。でも、その後、Bahaや、顎の手術の予定もあります

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

形成外科の定期受診 けんこうゆうりょう育児日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる