けんこうゆうりょう育児日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 1回目の手術終了

<<   作成日時 : 2014/08/17 00:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 小耳症の1回目の手術が無事終わりました。(生まれてから3回目の手術)

画像


画像


画像


 手術当日の朝、本当は気に入っていたと言い記念に写真を写してほしいというので何枚か写しましたが、青い線は前日の夜に主治医の先生が書いたものです。

 本人の希望で手術室に入ってから麻酔のマスクをする方法を選んだので(もう1つの方法は、病室から点滴を開始)、手術室まで徒歩で移動して入口で「行ってきます」って手を振って入って行きました。

 今回こそは泣かないようにと頑張っていましたが、手を振りながらやっぱり涙が出てきてしまいましたが、三男くんが不安になったら困るなぁと必死にこらえて送り出しました。

画像


 午前中に手術室に入ったのに病室に戻ってきたのは17時ぐらい。

画像


 麻酔から覚めるまでは、モニターと本人の様子を見ながら。

 麻酔から覚めて水分補給の許可がまず出て、その後、夕食を食べても良いと言われ、お腹が空いていて食べたいと言っていたのに、起きて食べようと身体を動かそうとすると肋軟骨を採取した部分が痛み、本人の希望で用意していたお蕎麦は1口食べただけで修了。

 咳をしても、声を出しても、痛いという訴えは3日間ぐらいあり、かなり辛そうで動きもゆっくりでしたが、どう動いたら一番楽なのかというコツをつかんだのか、トイレに行くたびに動きが速くなりました。

 で、痛み止めの薬が朝・昼・夕の定期処方から頓服に変わった頃にはちょうど痛みが治まり、頓服で処方していただいて痛くなったら看護師に声をかけて渡してもらってくださいという薬は一度も飲まずに退院。

 で、細かく書くと時間がかかるので、術後2週間後ぐらいの朝の回診時に写した写真。(外耳道は閉鎖していますが、あいているように見えます。)

画像


 私や看護師さんたち、そして主治医の先生が綺麗とかかっこいいって言っても無視したりしていたのに、退院後の受診で耳を保護していた耳帯を取っても良いと許可されて家に帰った途端、長男くんと次男君に「ねぇ、見て〜。かっこいいでしょう」って

 2回目の手術で耳を起こすのでまだ完成ではありませんが、本人はかなり気に入ったみたいです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

1回目の手術終了 けんこうゆうりょう育児日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる